おいしい卵までの道

たまごへの想い

養鶏場として先代から引き継いだ伝統を守り、
さらなる卵本来の味を追求し、様々な試行錯誤をしてきました。
「見た目」「弾力」そして何より
皆さんが食した時に感動をして頂く「味」。
養鶏場として菅野養鶏場が自信を持って提供しております
「のだのたまご」を是非一度ご賞味下さい。
白身がしっかりした「のだのたまご」

水・飼料・飼育環境へのこだわり

のだのたまごは、健康な鶏を育てるために
「水」「飼料」「飼育環境」にこだわりました。
先代から受け継ぎ30年余り、一貫していかに良いものを作り、
しかもできるだけ安くお客様にお届けするか―
安全であることは人の口にはいる物である以上当然のことです。
現在は この 「安全で良い卵を より安く皆様に届ける」ことを
当農場の経営理念としています。
最高級の品質の卵を、安価にお届け出来るよう日々努力しています。

サルモネラ検査を公的機関(家畜保険所)にて
農場全体・生態検査共定期的に行っています。

試行錯誤の開発ストーリー

にわとりの健康を保つ為に

試行錯誤の結果にたどり着いたのが「にわとりの健康を保つことがなによりも大切」ということです。
養鶏の歴史は、平飼い(放し飼い)をしていたこともありますが、にわとりが自由に動けるぶん、
フンや野鳥を媒介にした病気にかかりやすく、
にわとりの健康を守ることは困難でした。
そこで、鶏舎の中の広いケージで、
さらに常に清潔な状態をたもつために
一定期間で鶏舎の「洗浄」「乾燥」「消毒」を行い、
にわとりの健康を守っています。
ケージに詰め込むことはありませんので、
にわとり達はストレス無く過ごしています。

ケージで餌をたべる養鶏場のにわとり

飼料について

飼料の種類も変えながら、
数種類のミネラルや漢方薬を加えたり、
高級餌を与えたりしながら、今の飼料にたどり着きました。
健康なにわとりと、これらの飼料から、
生臭さのない卵本来の味わいを実現しています。

飼料について詳しくはこちら